市販の制汗剤じゃ効果なし!わき汗対策で注意したいデオドラントの選び方

「市販の制汗剤で十分に汗対策ができている」という女性はほとんど皆無だということをご存知でしょうか?

つまり「薬局に売っている制汗剤は一通り試してみたけど、どうも効果が弱い」という方がじつは大半なのです。

そもそもドラッグストアで購入できる制汗剤やデオドラントの多くは、幅広いユーザーさんに使ってもらうことを前提に非常にマイルドです。

商品がたくさん売れるように「ちょっとした汗かき体質」というレベルの方に向けて作られています。だから多汗症や脇汗がひどい方には少々役不足なんですよね。

ただ最近の商品はよく考えられています。しっかりと自分に合った制汗剤を選んで正しい使用方法を継続すればそこそこ効果は期待できるはず。

もし全く効果がなかったという方は、そもそも使用法や制汗剤選びを間違っていた…という事を疑った方がいいかもしれませんね。

というか、以下を読み進めてもらえばお分かりかと思いますが、効果の弱い市販の制汗剤やデオドラントでも、間違った使い方をすれば脇汗や脇のニオイがひどくなることは普通にあります。ご注意ください。

というわけで今回は、脇汗や脇のニオイが気になる方が知っておくべき、制汗剤やデオドラント成分や効果、選び方についてお伝えします。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

脇汗対策で知っておきたい制汗剤の種類と成分その消臭効果は⁉︎

まず大切なことなので、最初にお伝えしておきます。

ドラッグストアの棚には迷ってしまうほどたくさんの制汗剤やデオドラントが並んでいますが、選び方のポイントは非常にシンプルです。以下の…

  1. 脇汗や脇の臭いの原因となる「汗を抑えること」
  2. 悪臭を発生させる「雑菌を抑えること」

という2点のことだけ考えてください。

ちなみに、市販の制汗剤やデオドラントの大半は、汗を抑える収れん剤雑菌を抑える抗菌剤が中心となっています。

まず収斂効果によって汗を極力抑えることで、脇汗や脇のニオイは軽減します。

また汗そのものにはほとんど臭いがありませんが、細菌によって分解された時に生じる分解臭や酸化臭が嫌なニオイの元となります。

つまり、汗を抑えて雑菌の繁殖を防ぐ事が脇汗わきの臭いには最も効果があるわけですね。

他にも各メーカーによって様々な成分を配合していますが、あくまで中心は収斂作用と抗菌作用です。あとはおまけ的な成分や他社との差別化のための成分です。

スプレータイプやロールオンタイプと様々なタイプの制汗剤やデオドラントがありますが、制汗剤選びで大切な部分はこの収れん作用と抗菌作用のバランスだと個人的には思います。

汗を抑える収斂剤

収斂作用(しゅうれんさよう)とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用である。収れん作用を持つ物質には止血、鎮痛、防腐などの効果があり、化粧品や医薬品として用いられる。

引用元:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8E%E3%82%8C%E3%82%93%E4%BD%9C%E7%94%A8

クロルヒドロキシルアルミニウムやパラフェノールスルホン酸亜鉛のような、制汗剤によく使われる金属塩はタンパク質と固まることで発汗の元である汗腺の出口を塞ぎます。つまり一時的に発汗を抑える効果が期待できます。

抗菌剤で脇汗の雑菌の繁殖を抑える

パラベン、トリクロサン、塩化ペンザルコニウム、イソプロピルフェノールといった成分は雑菌の繁殖をおさえる抗菌効果が高く、最近では抗菌効果の高い銀を配合した制汗剤やデオドラントも話題となっています。

数多くの制汗剤やデオドラントが販売されていますが、基本的にこれらの違いは収れん剤や抗菌剤のバランスの違いに過ぎません。

各メーカーでは、もっとも消臭効果の高い組み合わせを研究し、さらにもう一歩踏み込んで「発生してしまった脇の臭いを吸着吸収するような成分」とか「臭く感じさせないための香料」などを加えて独自の成分で作っています。

脇汗対策の制汗剤デオドラントのタイプと消臭効果

制汗剤の成分についてはお伝えしました。ここからは市販の制汗剤やデオドラントのタイプ、目的別の選び方なんかについて説明しておきます。

大きく分けて制汗剤やデオドラントのタイプには

  • スプレータイプ
  • シートタイプ
  • ロールオンタイプ
  • ローションタイプ

の4種類が販売されています。この中でどれが最も消臭効果が高いのか…という部分も気になるかと思いますが、制汗剤やデオドラントの消臭効果はあくまで自分のワキ汗とのマッチングが大切です。

むしろ使う場所や汗をかいてる部位、シチュエーションによって使い分けるのがポイントだと思います。この部分についてはあとでゆっくりお伝えします。

スプレータイプの特徴

どんなシチュエーションでも最も手軽に利用できる制汗剤やデオドラントと言えばこちらのスプレータイプですね。
広範囲に一度で塗布できる上、消臭効果もそこそこ期待できます。またひんやりとした爽快感という部分も着替え前とかに嬉しい部分ですね。

シートタイプ

職場や外出時でも脇汗やワキのニオイをケアできるのはこちらです。持ち運びやすく一瞬でサッと拭き取ることができるのが最大のメリットでしょうか。

スプレータイプとくらべ範囲は狭いですが、ピンポイントで気になる部分だけをデオドラントできるのがポイントです。

ロールオンタイプ

制汗剤やデオドラントの液体が入ったボトルのトップが、コロコロと肌に沿って転がせるタイプがこちらのロールオンタイプですね。

直に気になる発汗部分に押し当てて転がす…という性格のため、効果の面では最強クラスといえるでしょう。とくに軽度のワキガ型多感以上の方にとってはロールオンタイプは必須かもしれません。

ローションタイプ

基本、液状の成分そのものはロールオンタイプと大差ありません。違いは上述したロールオンタイプの液体を、一度手に手に取って自分の手で患部に直接塗布すること。手軽さの面ではロールオンタイプにかないませんが、脇に容器が直接接触しないため、清潔感は高いですね。

制汗剤の効果を少しでも実感するために…

どのタイプにも共通して言えることですが、制汗剤やデオドラントの効果を最も発揮するには汗をかいていない状態で使うことです。

できれば汗を洗い流した入浴直後のような、汗のないタイミングを狙って使用してください。

また同時に、何種類の制汗剤やデオドラントを乱用することはお勧めしません。いくら効果のマイルドな制汗剤でも相性というものもあります。とくに敏感肌の方だと腫れや赤み、かぶれの原因になるでしょう。

ただ一方でシチュエーションによって使い分けるのは非常に効果的です。

外出前にロールオンタイプでしっかりと脇をケアし、外出中は脇汗やワキの臭いが気になりだしたらすぐにシートタイプで拭き取る。また帰宅前に更衣室で着替える時にさっと制汗スプレーを使用する。

こういったシチュエーションにあった制汗剤やデオドラントを使うことで、脇汗や脇の臭いは最小限におさえることができるはずです。

制汗剤デオドラント選びは自分の体臭の強さで選ぶ!

ドラッグストアで購入できる市販の制汗剤やデオドラント。

いろいろ試してみたものの「どれもいまいちパッとせず脇汗やワキの臭いが解消できなかった…」という方多いですね。

ですがまず大前提として、これらの制汗剤やデオドラントは薬品ではありません。

変な言い方になってしまいますが、最初から市販の制汗剤や過度の期待しない方が良いかと思います。

自分の体臭の強さを知ってから選ぶこと!

そこで制汗剤やデオドラント選びのネックになるのが、自分の体臭の強さを知ることに他なりません。

脇汗のタイプにもいろいろありますが、ほとんど脇の匂いが感じられない単なる脇の多汗症の方もいれば、強烈なワキガ型多汗症の中の方もおられます。

そもそも脇汗のタイプが違う方が同じ制汗剤やデオドラントを使ったところで、誰にでも同じような効果が実感できるものではありません。自分の脇汗のにおいの強さに応じた商品を選ぶことが最大のポイントなのです。

もし本格的なワキガ型多汗症の方は、雑菌の繁殖を抑えることをメインとした銀イオンや塩化ベンザルコニウムなどのガッツリ配合された制汗剤やデオドラントで、なおかつロールオンタイプや軟膏タイプがおすすめです。

一方、単なる脇汗が多くて気になる…という局所的な多汗症という方の場合、それほど殺菌作用は必要ありません。むしろ脇汗を抑えるという収斂効果の高い制汗剤を選んでみてください。

ワキガ型多汗症の方とちがい、スプレータイプやシートタイプでも十分に効果があるかと思います。

市販の制汗剤やデオドラント選びの3つの注意点

単なる脇の局所的な多汗症の方、または非常に軽度のワキガ多汗の方の場合、脇の発汗部分の周辺は表皮ブドウ球菌が中心なはずです。

あまり強い殺菌剤を含んだ制汗剤を使ってしまうと、表皮ブドウ球菌が滅菌されて他の強い真菌が繁殖する可能性も考えられます。変わりに黄色ブドウ球菌なんかが繁殖すればワキの臭いが強くなり悪化するのでご注意ください。

また、脇汗わきの臭いが気になるからと過剰に洗いすぎたり、制汗剤を乱用しすぎてしまう方がいます。この場合も皮膚を保護する常在菌を殺してしまい、臭いの元となる細菌や真菌が増殖しますので注意してください。

弱いとはいえ市販の制汗剤やデオドラントでも収れん効果が多少はあります。必要以上全身にスプレーを吹きかけたり、過剰に1日に何度も使用すれば体は正常に発刊できません。色素沈着の原因にもなるし、抑えられた汗が他の汗腺から無理やり排出しようと汗腺に負担が大きくなります。

できれば2日に一回以下2回程度制汗剤やデオドラントを控えるという日を設けた方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする