多汗症を治す効果ための食生活とは?汗かき体質を食事で解消する!

ヘルシーフード体の悩みはいろいろですが、多汗や汗かき体質の悩みだって大きな悩みですよね…とくにわき汗が多いとか。

しかし他の悩みと違い、他人からみると軽視されがちなのも多汗や汗かき体質の悩みの特徴かもしれません。

思い切って周囲の人に相談しても「それは新陳代謝が活発ということ!むしろ健康的じゃんっ♪」なんてまるっきり相手にされないケースもあります(泣)

もちろん本格的な多汗症、何らかの病気が原因といえる多汗症の場合、できるだけ早い時期に医師に相談してみることをおすすめします。

で今回はクリックやカウンセリングまではちょっと…といった感じの軽度の多汗症や汗かき体質の方に、毎日の食生活を見直して多汗を解消する方法をご紹介しておきます。

※こちらも参考にしてください→多汗症の見分け方と症状別の対処法

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

まずは自分の多汗や汗かき体質の原因を究明すること

ちなみにあなたは自分の多汗症や汗かき体質の原因をハッキリと理解していますか?

まずは食生活を改善するにも、自分の発汗の原因を知っておくことは大切です。

多汗症や汗かき体質の原因にも精神性発汗といわれる精神的な緊張や不安からくるものもあれば、何らかの原因によって活動状態のエクリン腺が休止して発汗する部位が局所的に偏った状態の多汗もあります。

(参考ページ 全身性多汗症と局所性多汗症

もちろん原因によっても必要な食生活の見直しはかわってきます。まずは自分の多汗や汗かき体質を分析してみることが肝心です。

精神性発汗が原因の多汗や汗かき体質を食事で治す

医師のアドバイス過去に大量に発汗した経験や今後に大量の発汗が起こったらどうしよう…といった不安や緊張からおこる精神性発汗を解消する場合、主に精神分析療法が必要だといわれています。

基本的ににはカウンセリングやセラピーといった治療法を用いて、発汗に対する意識や対処法を改革することが解消につながります。

例えば「もっと発汗してみよう!」といった具合で不安を開き直りに変える場合もあります。

こういった精神性発汗の場合、発汗の仕組みを考えてみると不安や緊張がストレスとなって交感神経を高ぶらせます。そして発汗刺激が亢進してしまうために発汗が収まらないということ。

つまり食生活の見直しは「自律神経を整える」ことを目的とした食事を意識することですね。(参照→自立神経失調症と多汗症

自律神経を整える食事内容とは?

自律神経は内蔵の活動と深く関係しています。

ヨガによって腹式呼吸が横隔膜を刺激して胃腸に刺激を与えることで自律神経が整うといわれるのも、こういった理由からです。

つまり胃腸に刺激を与えることは自律神経のバランスを整える効果があるわけです。そういった面でも毎日しっかりと3食の食事をとることが必須といえるでしょう。

とくに朝食をとることで交感神経から副交感神経の優位な状態に移行します。

朝食を抜く行為は多汗や汗かき体質の人にとっては発汗刺激を与えているようなものです。ただでさえ交感神経が刺激される仕事の前にしっかりと副交感神経を刺激してあげましょう。

また具体的な自律神経を整える食事には以下のような食事がおすすめです。

  1. 食物繊維を多く含んだ食材
  2. 酸っぱい食品
  3. 発酵食品

1.食物繊維を多く含んだ食材

食物繊維を多く含んだ食材を摂ることは、それだけ消化に時間がかかること。つまり胃腸が長時間にわたって活発に働くという意味です。

ひじきや海藻、キャベツ、ゴボウといった食物繊維の豊富な食材を意識して摂ることで胃腸が活動的なり、副交感神経も刺激されるというもの。

また食物繊維は便秘解消にも有名ですが、1日約17~19g程度を意識して摂取することで、大腸がんを予防する効果もあるといわれています。

他にもコレステロールの吸収を防げ排出する効果、胃腸内で食物繊維がゆっくりと消化されることで血糖値が上昇するスピードもコントロールできます。

この他、動脈硬化や脳卒中のリスクも低下させる食物繊維、多汗と関係なく意識して摂取しておきましょう。

2.酸っぱい食品

レモン梅干しやレモン、お酢といった酸っぱい食品は、消化を助ける唾液や胃液といった消化腺から分泌される消化液を促します。つまり消化液の分泌された状態は副交感神経を刺激している状態。

もちろん多汗や副交感神経に刺激を与えるだけでなく、酸っぱい食品の中にはクエン酸といった成分を多量に含んでいる場合が多いといわれています。

疲労の原因といえる乳酸がクエン酸サイクルに組み込まれることで、疲労回復効果を発揮します。

労回復によって熟睡できて睡眠中も副交感神経が優位な状態を保つことが可能です。クエン酸サイクルの面でも梅干しやお酢は必須です。

味噌、醤油、納豆、ヨーグルト、みりん、鰹節といった発酵食品には栄養成分が豊富なだけでなく、腸内環境を整える効果が高いとされています。継続的に摂取することで腸内の善玉菌が増加し免疫力もアップします。

善玉菌の増えた腸内環境の良い状態は、副交感神経を刺激して自律神経を整える効果が期待できます。

能動汗腺の機能が低下した多汗を解消する食事

医師の説明ではもう一つの多汗の症状について。

精神性発汗や自律神経の乱れによる多汗や汗かき体質とな違い、単純に生活環境や食生活によって汗腺の機能が低下して発汗に偏りが生じたための多汗症や汗かき体質を解消する方法をご紹介しておきます。

まずは機能の低下したエクリン腺を回復するために、汗腺のトレーニングが肝心。手軽な方法としては敢えて発汗が促進される場所に身をおいて汗をかきまくるのが一番です。

夏場にエアコンを使用しないのも良いでしょうし、半身浴で温めのお湯に20分以上浸かるなんて方法も効果あります。(もちろん熱中症に注意のこと)

汗腺のトレーニングは発汗して皮膚の上で上手に汗が気化熱を奪って蒸発するためのトレーニングです。

ですからせっかくの発汗を洗い流したり、ゴシゴシ拭き取ってしまってはNGです…最初はベタッとした汗、ジトーっとした汗でしょうが、徐々にサラッとして蒸発しやすい汗に変わってくるはずです。

そうなれば休止していた汗腺が活発に活動し、多汗症だと感じていた局所的な汗が全身に分散されますよ。

能動汗腺を活発化させる食事内容

この能動汗腺の機能低下による汗腺の集中による多汗症のような症状、つまりは能動汗腺を活発化させてあげることが根本的な解消法です。

それは簡単にいえば新陳代謝を上げて、汗をかきやすい体にかえること!(多汗症を解消するのに汗をかきやすい体質…って何か変な感じがしますが)

わかりやすくいえば局所的に活発だったエクリン腺を、全身のエクリン腺からまんべんなく発汗できる状態に変えてあげることです。これには基礎代謝を上げるのがもっとも効果的なんですね。

代謝アップ・筋力アップを目的とした食事内容

基礎代謝を高めるには、体が温まる食材を意識してとるのが効果的。

冬でも夏でも体の中から温める効果の高い生姜や唐辛子、ネギや玉ねぎ、かぼちゃやさつまいも、ごまといったカプサイシンやビタミンEを含んだ食材がおすすめです。

また基礎代謝は全身の筋肉量に比例するともいわれています。筋トレで筋力をアップさせるのも良いですが、食生活からもサポートしてあげましょう。

筋力を作るためのタンパク質は良質なアミノ酸をたっぷり摂ること。効率よく吸収されやすいアミノ酸を意識して鶏肉や豚肉、魚介類、牛乳、レバー、豆類…といったリジンやアルギニン、アラニン、プロリンを含んだアミノ酸は短期間で効率よく筋肉を増加させます。

この他にも豚肉やうなぎ、マグロ、青魚等に含まれるビタミンB群だったり、海藻類や貝類に多量に含まれるヨウ素も代謝アップの効果の大きな食材の代表格です。

基礎代謝を上げて血行促進、発汗しやすい体質のために、多めに摂っておくといいかと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする