いい汗と悪い汗 汗の種類とその違いは?

「運動でいい汗をかく…」なんて耳にしますが、いい汗や悪い汗といった汗に種類があるのでしょうか?

そもそも運動によっておこる発汗作用は気分的にも発散できる上、新陳代謝も上がるため汗の種類に関係なくいい汗と呼んでもよいかもしれません。

しかし調べてみると汗の成分から考えてもいい汗と悪い汗があるようです。そこで今回は良い汗と悪い汗の違い、原因といったことに少し突っ込んでお話してみたいと思います。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

そもそもいい汗と悪い汗とは?

ではいい汗と悪い汗を説明する前に少し、汗が発汗されるまでの工程をご紹介しておきます。

まずは血液のような汗の原液は一度汗腺に溜め込まれ、そこで排出される水分と体に残すべき血漿成分に取り分けられます。

で、体にとっても大切な水分以外の成分が血液に再吸収され、水分のみが汗として排出されるわけですね。

この時にしっかり血漿成分を血液に再吸収できて、きっちり水分のみを排出できた場合の汗をいい汗と呼んでいます。これはほぼ水分で構成されているため、粒子が細かくサラッとした汗です。

成分的にもほぼ水分ということで味もニオイも無く、蒸発しやすいために発汗の一番の目的である体温の上昇もおさえることが可能な理想的な状態です。

しかし、なんらかの理由で体に残すべき血漿成分を再吸収できずに水分と一緒に排出されてしまうケースあるようで、この時に上手に再吸収できずに排出された汗を一般的に悪い汗と呼ばれています。

悪い汗はいい汗と比べ、粒子が大きく多少の粘り気があります。その他の特徴としてはダラダラと流れる感じでニオイが汗臭くしょっぱく、蒸発しづらく熱中症や慢性疲労の原因にもなるといわれています。

悪い汗と多汗、汗かき体質の関係

また汗っかきで悩んでいる方の中にも、この悪い汗が原因の場合も少くありません。

というのも、本人は汗がとまらない、汗の量が多い…と感じている場合でも、単純に全身の汗腺が衰えたことで、限られた一部の汗腺から悪い汗が大量に発汗されているケースもあるためです。

つまり汗の量は普通の人と同じでも活動している汗腺が極端に少ないために、汗っかきだと自分で誤解しているパターンです。この場合の解消法は、まず全身の汗腺を鍛えて能動汗腺を増やすことです。

次第に発汗する部分が平均化され、汗の成分もいい汗に近づいてくるはずです。

汗腺の衰えが悪い汗の原因?

では、いい汗と悪い汗の違いがわかったところで、ここからは悪い汗をかいてしまう原因や解消法について少し考えてみましょう。

悪い汗とは先ほどの説明通り、体内に再吸収する予定だったミネラルなどの血漿成分が再吸収されずに水分と一緒に排出された状態です。

つまり汗腺に取り込まれた汗の原液から必要な成分を再吸収する機能が正常に働いていなかったわけです。ではこの再吸収する機能は何が原因で働かなくなってしまったのでしょうか?

これは能動汗腺の数に関係しています。

人間の全身には約200万以上の汗腺がありますが、実際に発汗している汗腺、つまり能動汗腺は約半数程度ともいわれています。言いかえれば約半数の汗腺は存在していても活動していない状態ということです。

活動しない汗腺が増えれば能動汗腺に負担がかかる

同じ発汗量に対して活動している汗腺が減少してしまえば、それだけひとつの汗腺にかかる負担は大きくなります。

つまり休んでいる汗腺の分までも汗を排出するために、しっかり再吸収の機能が働かなくなってくるわけです。

その結果、再吸収できずにミネラルや血漿成分を含んだベタベタした悪い汗をかくのですから、悪い汗を解消するには休んでいる汗腺を活発化し、能動汗腺を増やしてあげることが効果的です。

汗腺の機能も考え方としては筋肉を鍛えることと何ら変わりません。普段から積極的に機能させて鍛えることが汗腺を活発化させる一番の方法です。つまりなるべく発汗する機会を増やすことです。

悪い汗をいい汗に変えるカギは運動とエアコン

悪い汗をいい汗に変えるためにもっとも効果のある方法は、なんといっても積極的に汗をかくこと。

サウナや入浴も大量に汗をかくことができますが、一番は体を動かして中から大量の汗をかくことです。ジョギングやフィットネスジムでのマシントレーニングといった本格的な運動が苦手な人ならできることで構いません。

年齢や健康状態に合わせてまずは20~30分程度のウォーキングといった手軽な有酸素運動を中心とした方法から始めてみてはどうでしょうか?

また、必要以上にエアコンを稼働させることも汗腺が衰える原因です。

エアコンによって日中の汗をかくシチュエーションが減ってしまうことで、汗腺を活発化するどころか汗腺の機能が衰えてしまいさらにミネラルや血漿成分の再吸収機能が低下してしまいます。

大きなオフィスの場合は仕方ありませんが、せめて自宅に戻ってからは敢えてエアコンに頼らず、暑い日には思い切り汗をかく。

またエアコンを使用した場合でも外気温になるべく近い温度で使用するといったことが汗腺を鍛えることにつながります。

たくさん発汗させることで汗腺を鍛える

これらの方法の他にも、発汗作用を高める生姜やクエン酸の含まれた食材や飲料を意識して摂ることが汗腺の活発化に有効だといわれています。

汗っかきの人、汗のニオイが気になって汗をかくことを避けている人。こういった人の多くは運動を避け、エアコンを効かせて発汗を避ける傾向があります。

しかしいい汗と悪い汗という視点で考えると、そうした行為はさらに汗っかきやニオイの気になる汗を助長しているようなものです。つまり逆に積極的に汗をかくことで徐々に汗の量も減り、ニオイも気にならなくなるはずです。

もちろん現状では汗腺が衰えていたり、休んでいる汗腺が多い状態なはずです。急激な運動は悪い汗が大量に排出され熱中症や慢性疲労の原因になる可能性もありますので発汗の状態をみながら徐々に汗腺を鍛えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする