汗が吹き出る!とまらない汗は病気のサイン?

唐辛子汗の本来の目的は発汗することで体内の上昇をおさえること。つまり体温調節機能として発汗しなければ逆に病気ということですね。

また体温調節機能の他にも精神的にピンチな状態には交感神経が刺激されて大量に発汗されますし、辛いものや香辛料の効いた食事でも発汗されますね。

しかし、とくに外的な要因もなく汗が吹き出る場合はなんらかの病気のサインかもしれません。

今回は吹き出る汗、とまらない汗について関係する病気も含めてお話しておきます。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

理由も無く吹き出る汗は健康的な汗ではありません

運動によって汗が吹き出る…、入浴やサウナで汗が吹き出てとまらない…。

こんな気持ちのいい汗であれば吹き出る汗でも構いませんが、中には大した運動もしていないのに汗が吹き出てとまらない…といったこともあるものです。

この時、汗の吹き出方もいろいろですが、多汗症や汗かき体質を診断する上で、発汗している部位によって状況がかわってきます。

主に全身から吹き出る全身性多汗症と一部の限定された部位からのみ発汗される局所性多汗症といった症状です。

全身性多汗症で汗が吹き出る場合の対処法

医師の説明全身性多汗症の場合、全身のエクリン腺には異常が無いことが多いため、それだけに病気と結ぶつけられづらいですが、思いの外深刻な病気のサインという可能性もあります。

有名な病気としてはバセドー病のような甲状腺機能亢進症というケース。

甲状腺機能亢進症のように甲状腺の機能に異常がみられた場合、ホルモンが過剰に分泌され、過剰に代謝が上がることで発汗が激しくなり、まさに運動もせずに汗が吹き出る状態に陥ってしまいます。

また褐色細胞腫という病気ではアドレナリンというホルモンが過剰に放出されることで交感神経が刺激され、結果として汗が吹き出るほど発汗が激しくなるものです。

他にも結核や胆石、尿管結石等でも全身から汗が吹き出るという異常な発汗が起こるケースもあるといわれています。

こういった理由も無く全身から汗が吹き出る全身性多汗症の場合、汗腺や導管、腺体といった部分に異常がみられないケースが多く、原因はホルモンやなんらかの病気が影響しているケースがほとんどです。よって放置せずに医療機関を受診した方が間違いありません。

局所性多汗症で汗が吹き出る場合の対処法

局所性多汗症とは限定された部位からの発汗。この局所性多汗症の場合、なんらかの病気が原因の場合もあれば、ホルモンバランスの崩れという場合、さらにはエクリン腺の機能が低下したことによる発汗も考えられます。

ではひとつずつ順に考えてみましょう。

糖尿病による局所性多汗で汗が吹き出る場合

糖尿病によって末梢神経系が影響をうけることで、手足の発汗が急激に減少することがあります。

しかし発汗には代償性発汗といって発汗できない汗を他の部位から発汗するケースが多く、この場合は上半身に発汗が増えることが多いようです。

また上半身の発汗が急激に増えた…何も運動せずとも顔や首、頭皮、腋の下から汗が吹き出るといった女性の場合は更年期によるホルモンバランスの影響かもしれません。

更年期による吹き出る汗の場合

細胞エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、ホルモン量が減ってしまうとホットフラッシュという上半身のほてりやのぼせ、そして発汗が急増するといわれています。

そもそも男性ホルモンは発汗を促し、女性ホルモンは発汗を抑える働きがあります。更年期症状によって極端に女性女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと男性ホルモン優位な状態になって発汗量が増えてしまいます。

このような発汗の場合、ホルモンバランスを整えることが最善の解消法となってきます。

能動汗腺の減少、汗腺の機能低下による吹き出る汗

これまで紹介した病気が原因の吹き出る汗と違い、この能動汗腺や汗腺機能の低下が原因のとまらない汗の場合、これといって病気が原因といえない多汗の症状です。

簡単にいってしまえばトータルの発汗量は同じですが、活動している汗腺が減ってしまった…上手に発汗できない…といった理由で活動的な汗腺に発汗が集中してしまうために吹き出るように感じてしまうわけです。

そもそも発汗量は変わっていませんから、解消するには活動している汗腺を増やして上げる他ありません。人間には200万以上のエクリン腺が存在しますが、一般的には半数近くは活動休止状態だといわれています。

それは運動不足やエアコンを多用する現代人の生活習慣や行動パターンも大きく関係しているのかもしれません。

能動汗腺を増やし、部分汗から全身汗へ

水分補給つまりトータルの発汗量は変わっていないのに汗腺の量が減ったり発汗の効率が悪くなったために、汗が吹き出るように感じているのが局所性多汗症、言い換えれば部分汗です。

こういった部分汗の場合、活動休止している汗腺を鍛えて能動汗腺に変化してあげることがポイントとなってきます。

運動不足だと感じている人は積極的に有酸素運動を取り入れてみる、敢えてエアコンを使用せずに扇風機、もしくは自然の風で適度な汗を書き続ける、こういった工夫が汗腺を活発化させます。

社会人ともなれば、多忙のために汗腺を鍛えるトレーニングもできないこともあるかもしれません。その場合、通勤時に利用している自転車を歩行に変えてみる、最寄り駅の手間で降りてひと駅でも歩いてみる。

または社内でも日常的にエレベーターやエスカレーターを利用している人は敢えて自分の足で移動してみるのも効果があるかもしれません。

そういった生活習慣になればしだいに筋肉もついてきます。筋肉が増加すれば基礎代謝も上がり新陳代謝もアップします。

ますます能動汗腺が増えて全身にサラッとしたいい汗をかくことができますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする