汗がしょっぱい!異常に塩分濃度の高い汗は注意

汗には塩分が含まれているため、舐めてみればしょっぱいのは当然の事だといえます。 しかし過剰にしょっぱい汗、例えば顔の汗が目に入ったら開けられないほどの塩分の場合は少し汗の成分に問題があるかもしれません。 体調や汗をかいた原因によっても汗の成分は違うものです。いつもよりもしょっぱい汗をかいた場合は必ず原因があるはずです。  

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

管理人が利用して効果のあった汗対策グッズ!

管理人発汗された汗が明らかにしょっぱい、塩分濃度の高い場合、血漿成分の多い発汗といえます。 主な理由は、本来活動するはずの能動汗腺が休止状態にあるため、一部のエクリン腺に発汗が偏っていること。 しっかりと汗腺トレーニングを行い、全身からまんべんなく発汗することで塩分濃度も徐々に改善されるはずです。もちろん代謝量をあげるために食生活の見直しも大切です。 念のため、管理人がこれまで利用して効果のあった汗対策グッズをご紹介しておきます!

気になる汗の部位

おすすめの汗対策商品と効果

就寝中の汗、カラダ全体の発汗なら

【ドバっとでて止まらない発汗に…アセッパー】

トマト・スイカ・りんご・アサイーといった天然由来の各種ポリフェノールを配合したアセッパーはカラダの内側から代謝を促進し、ドバっと発汗する体質から1日にコマメに発汗できる体質に変えてくれます。

サプリメントタイプなので摂取するタイミングを合わせれば就寝中にも効果的。顔汗、脇汗、手汗、足汗とカラダ全体に効果がでるのも嬉しい部分♪

脇汗・デリケートゾーンの発汗

【脇汗の悩みなら脇汗専門の汗対策を! ドクターアロマラン】

カラダのどの部分よりも脇汗が多くて困る…という方にお勧めの商品ならこちらのドクターアロマランス。お出かけ前に簡単、ワンプッシュで脇の発汗が気になる部分に薄く伸ばすだけで効果が持続します。

寝汗の多い女性の場合、体温の上昇している就寝中に脇汗が原因となって菌が増殖し、嫌なニオイの元となります。脇汗だけでなくデリケートゾーンにも使えるほど低刺激なので安心ですね!

手汗

【手汗対策の最終型! ファリネ】

手汗でスマホが使いにくい…、1日中ハンカチが手放せない…といった手汗に悩める女性にお勧めの汗対策グッズの代表といえばファリネ。

手掌多汗症の場合、市販の制汗剤レベルでは抑えることが難しいのが現実です。これまで幾つかの制汗剤を試してきたけど手汗がおさえられない…という方にお勧めの手汗対策商品を試してみては?

99%が水からできている汗

そもそも通常の発汗でみられる汗の多くは全身のエクリン腺という汗腺から発汗されます。 このエクリン腺から発汗され汗にも「体温調節機能のための汗」「ストレスや緊張によって生じる汗」「辛いもの刺激の強いものを食べた時の汗」といった種類があります。 しかしこのエクリン腺から発汗される汗は、どの汗も基本的には99%が水分とよばれています。 つまり多少のナトリウムや塩素、カルシウム、カリウムやアンモニアが含まれていますが、ほとんど水に近いものです。たしかに舐めてみれば微妙にしょっぱいとはいえますが、しょっぱいと感じるほど塩分は強くないのが通常です。  

しょっぱい汗は塩分やミネラルの多い悪い汗?

舐めて異常にしょっぱいと感じられた汗…これはほぼ水分で構成されているサラッとした理想的な汗とはいえません。 体になんらかの異常があることが予想されますから、まずはそのしょっぱい汗の原因を見つけ出し取り除いていくことが肝心です。 そのために、まずは汗がしょっぱい状態になってしまうパターンを詳しく説明しておきます。  

塩分濃度が高いのは血漿成分を再吸収できていない

簡単にエクリン腺からの発汗について説明しておきますが、まず最初に発汗するための汗の原液とよべるモノが腺体(発汗する手前の溜められる部分)でつくられます。 この時の原料は血液に含まれる血漿成分という、血液から赤血球や白血球、血小板といった部分が取り除かれた液体が中心で、腺体で汗が作られた時点では血漿成分と同じような塩分濃度だといわれています。 もちろん血漿成分に近い状態で発汗されることはありません。 導管を通過し表皮から放出される前に塩分やミネラル分が血漿成分に再吸収されます。そのため通常では塩分濃度の下がったサラッとした汗が発汗されるわけです。 しかしなんらかの原因で、塩分濃度を下げることができずに排出されてしまうケースもあって、この場合に異常にしょっぱい汗、ジトーっとした汗となって発汗されるようです。  

汗腺の機能低下による再吸収低下状態

では「なぜしょっぱい(塩分濃度の高い)汗になってしまうのか?」といった事を少し考えてみましょう。 まず汗が異常にしょっぱくなってしまう最も大きな理由といえるのが、汗腺の機能が低下、もしくは能動汗腺が減少している事といえるかもしれません。 本来、人間には200~500万程度のエクリン腺があるといわれていますが、実際には約半数は活動中で残りの半数は活動を休止した汗腺といわれています。 その活動している汗腺は能動汗腺とよばれ、エクリン腺から発汗される予定の汗はこれらの能動汗腺のみで排出されるわけです。 しかし運動不足の人やエアコンの効いた室内で過ごす人の体は、発汗するシチュエーションも少いために、徐々に体が発汗の必要が無いと誤解し能動汗腺を減らしてしまいます。  

能動汗腺が減ることで活動的な汗腺に集中する

つまり活動している汗腺が徐々に減ってしまうわけですね。こうなった場合、上手に汗を書くことができない状態、例えば残りの能動汗腺に汗が集中してしまいます。 その状態は汗腺にとっても負担の大きい状態です。これまでは排出前に血漿成分に塩分やミネラル分を再吸収させていた汗腺も、再吸収が追いつかない状態となって、そのまま排出されてしまいます。 つまりそのまま排出されてしまった塩分やミネラル分の多い汗が塩分濃度の高いジトーっとした汗の正体なのです。 また普段から運動不足の方が突然の激しい運動を行う場合や、建設現場の作業員さんのような真夏の屋外、もしくは風通しの悪い室内で一日中作業を行う場合も塩分濃度の高い、しょっぱい汗をかいてしまうケースが多いといえます。 これは日常生活ではありえない大量の発汗を急激に行うことで、汗腺の処理活動が追いつかず、塩分やミネラル分を再吸収する間もなく発汗してしまうためです。  

塩分濃度の高い(しょっぱい)汗を理想的な汗に変える

ではこのように塩分濃度の高い汗、ジトーっと蒸発しづらい汗を健康的な塩分濃度の低い汗に変えるにはどうすればよいのでしょうか? これは非常にシンプルです。 まずは能動汗腺を増やしてあげることです。現在では休眠状態の能動汗腺も毎日のウォーキングやジョギング、適度な筋トレによって汗腺として活動を再開するはずです。 能動汗腺が増えることで、発汗する汗腺が分散され、血漿成分への再吸収も十分に行われますから自然と汗の塩分濃度も下がりサラッとした状態に変わってきます。 また運動が苦手な方は半身浴も効果的です。 全身浴とちがい半身浴の場合、発汗を促しつつも皮膚上の汗を蒸発させるトレーニングもできます。温めの37~8℃くらいのお湯に20分以上は浸かってみましょう。 休んでいた汗腺も発汗し、蒸発することで徐々に活動を再開するはずです。他にもエアコンの設定温度を高めにする、思い切ってエアコンを使わない時間帯を設けてみる…とご自分で工夫して汗腺を呼び覚まして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする