わき汗がとまらない人におすすめ!わき汗対策と効果的な治療法

女性の多汗症や汗かき体質の中でもとくに嫌だと悩んでいる人が多いのがわき汗の多汗といわれています。

制汗剤や制汗ジェルでカバーできる程度ならば、軽度のわき汗ですが、重度になると制汗グッズや汗わきパッドも効果ありません。根本的な治療が必要になってきます。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

わき汗の種類と原因、解消法

わき汗にもワキガ型多汗と精神性発汗のわき汗が存在します。

主にワキガ型多汗の方はわき汗によるニオイが心配…、精神性発汗の場合は発汗したくないシチュエーションに限ってわき汗が増えてしまうのが不安ですね。

もちろん根本的な解消法は違う両者ですが、ここではとりあえずわき汗を抑えたい!という方に向けてわき汗対策やわき汗解消法を紹介しています。

塩化アルミニウム液でわき汗解消

医師の説明まず汗を抑制する効果のある代表的なものといえば塩化アルミニウムのような金属塩です。金属塩の中でも多くの制汗剤で使用されているのが塩化アルミニウム。

本来、皮膚に刺激もあるため良いものとはいえませんが、発汗を抑えるには非常に効果があるとされています。またこういった塩化アルミニウム液は副作用もあるので顔や皮膚の弱い部分には使用できませんので注意して下さい。

たしかに効果がある塩化アルミニウム液ですが、毎日塗る続けてしまうと効果が落ちてくる方が多いようです。体が塩化アルミニウム液に慣れてしまうと、それ以上に発汗作用が働いてしまうケースがあるといわけです。

よって、数日使用したらしばらく使用しない期間を設けるといった断続的な使用が良いようです。

またわき汗解消商品として有名なオドレミンと呼ばれる薬が販売されていますが、これは主に塩化アルミニウムを薄めたような成分といえます。

とりあえず塩化アルミニウム液を試してみたい方はオドレミンで様子をみてもよいかもしれません。

ミョウバンでわき汗解消

塩化アルミニウムほど協力な効果は期待できずとも副作用の心配のないわき汗解消法といえばミョウバンを使用したミョウバン水の塗布やミョウバン粉末をベビーパウダーのように塗り込む方法です。

ドラッグストアやスーパーで安価に入手方法、そして自宅でペットボトルで簡単に作ることができるために、もっともリーズナブルなわき汗対策といってもよいかもしれませんね。

約30gのミョウバンを1リットルのお水に混ぜてよく振れば出来上がりです。もちろんわき汗以外でも汗とニオイの気になる部分に塗布、またはスプレーしてもよいでしょう。

デオドラント剤でわき汗解消

わき汗の多汗症でも軽度の場合、市販のデオドラント剤を上手く利用することで解消というか誤魔化すことは十分に可能です。

今では制汗剤の種類も豊富でスプレータイプからロールオンタイプ、スティックタイプと使用目的によって様々な商品が販売されています。

まずは自分のわき汗をワキガ型多汗症か精神性発汗による多汗症か診断した上で目的に合ったデオドラント剤を用意して使ってみましょう。

基本的にワキガ型多汗症のタイプの人は消臭効果の持続性の高いスティックタイプやロールオンタイプの直塗りタイプがおすすめです。

直塗りタイプはニオイの元となるアポクリン腺の密集した部分に、直接ピンポイントで塗ることができるのでワキガ型多汗症にピッタリの制汗剤だといえます。

一方、精神性発汗によるエクリン腺からの多汗の場合、腋の下のエクリン腺全体に効果を発揮するためにもスプレータイプがピッタリかもしれません。

デオドラント剤は殺菌効果によって使い分ける

これらの制汗剤の成分には塩化ベンザルコニウムやイソプロピルメチルフェノール、銀といった殺菌効果のある成分が含まれているものが多いといえます。

ただしワキガ型多汗症の場合は強い殺菌効果が必要ですが、精神性発汗による多汗の場合は思いの外、雑菌が繁殖していない場合もあります。常在菌まで殺菌してしまう可能性もあるので成分に注意しておきましょう。

わき脱毛したら多汗症に!わき汗と脱毛の関係

エステ少し話はそれますが、わき汗とわき毛の関係ということで脱毛によるわき汗への影響についてお話しておきます。

今ではどこのエステサロンでも安い料金プランで行っているわき脱毛。

たしかにわき毛の自己処理から解放されるのは嬉しいですが、一方でわき汗が急激に増えてしまった!という方が多いことを知っておいた方がよいかもしれません。

これは脱毛後多汗とよばれる症状で、主にわき脱毛によってわき汗の発汗量が増えるケースが一般的です。

フラッシュやレーザーの刺激によって汗腺が活発に!

これはエステサロンでの光脱毛やレーザー脱毛によってワキの下のエクリン腺に過剰な刺激を与えてしまったことが原因だといわれています。

またわき脱毛によって、これまで以上にワキの下に自分の意識が向いてしまったことで交感神経が働きわき汗を発汗させているともいわれています。

また精神性発汗によるわき汗多汗はちょっとしたきっかけで発症するものです。

最初はそういった刺激で発汗したことが気になりだして予期不安というカタチでわき汗チェック→わき汗に意識が集中→交感神経を刺激といった負のスパイラルに陥ることも考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする