わき汗をとめる!腋の下の汗の原因とボトックス注射の効果は?

水分手汗や足汗と並び、深刻に悩んでいる人の多い部位が腋の下といわれています。

腋汗は他の部位と違い原因も様々なのが特徴です。 単純に能動汗腺が減ったことで局所性多汗症として活発な腋の下に発汗が集中している場合もあれば、精神的な理由による発汗、いわゆる精神性発汗のケースもあります。

またワキガ型とよばれるアポクリン腺からの発汗の場合、ニオイの悩みが中心となってきます。

今回はわき汗をとめる、そして腋の下の発汗について詳しくお話したいと思います。  

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

ワキガ型多汗症と精神性発汗での多汗では解消法も違う

医師の説明ではわき汗をとめる方法を説明する前にわき汗の種類について簡単に説明しておきます。

まずわき汗と一言でいっても、エクリン腺とアポクリン腺といった汗腺によってワキガ型多汗と精神性発汗のよる多汗に分けることができます。

またワキガ型多汗と精神性発汗での多汗では症状も違い、結果として悩んでいる部分も違ってくるものです。

そこでワキガ型多汗と精神性発汗での多汗を順にみていきましょう。  

ワキガ型多汗症の症状と解消法

いわゆるワキガとよばれる症状で悩んでいる方です。

このワキガ型多汗症は、いわゆる全身の多汗症や汗かき体質による悩みとは根本的に違います。 腋の下に密集しがちなアポクリン腺という汗腺から発汗される汗が原因となって、ワキガ臭とよばれるニオイを発してしまう状態が悩みの中心です。

そもそもほぼ水分で構成されているエクリン腺からの発汗と比べ、腋の下のアポクリン腺から分泌される汗の成分はまったく構成が違っています。

タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、ステロイド類、各種脂肪酸、鉄分といった様々な成分、さらにちぎれた腺体細胞等で構成されていてエクリン腺の汗のようにサラッとした水分というよりも粘り気のある不透明な液体です。

そのため、発汗時は無臭であったアポクリン腺からの汗ですが雑菌が繁殖しやすく、その雑菌が繁殖し成分を分解し、混ざり合うことが独特なニオイの原因ともいわれています。  

ワキガ型多汗症の見分け方

もしあなたもわき汗で悩んでいるが、自分がワキガ型多汗症か精神性発汗での多汗症かわからない…といった場合、以下の項目を参考に判断すれば間違いありません。

ワキガ型多汗症にはわき汗のニオイの他にも様々な部分に特徴がみられます。参考までに以下にまとめておきます。

  • シャツや下着は黄ばむ、わき汗部分のシミが落ちづらい
  • 耳垢が柔らかい、ジットリとした湿型
  • わき毛が多い

ほとんど水分で構成されるエクリン腺からの汗に比べ、アポクリン腺からの汗は粘り気が強く汗ジミになりやすいため、下着やTシャツのワキ部分の状態をみれば確認できるかと思います。

また耳垢には乾燥したタイプの乾型の人と湿ったタイプの湿型の人に分けることができます。

というのもこの耳垢を決める遺伝子というものがあり、ABCC11遺伝子とよばれる遺伝子の僅か1か所の配列の違いによって耳垢が決定されるそうです。  

そもそも世界的にはワキガ型多汗が多数派

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_sそのABCC11遺伝子の配列によって耳垢が湿型の人にはアポクリン腺が多く、アポクリン腺からの分泌が多いためにワキガ型多汗の人が多いといわれています。

とはいえ、日本ではワキガ型多汗症、ワキガ臭は特別に見られてしまいがちですが、世界的にはほとんどは湿型の耳垢、アポクリン腺の多いタイプの人が圧倒的に多いといえます。

つまりアポクリン腺が少ない人が多いために単純にワキガ型多汗症の人が目立ってしまっているだけなのです。

またワキガ型多汗の人は相対的にわき毛が多い傾向が強いといわれています。

その根拠はハッキリとはしていませんが、わき毛が少ない人でわき汗が多い場合は、多くが精神性発汗のよるエクリン腺からのわき汗という事実もそれを裏付けているようです。

精神性発汗での多汗症の症状と解消法

いわゆるワキガ型多汗症以外のわき汗の悩みの多くは精神性発汗による多汗症といってもよいかもしれません。

ワキガ型多汗症と違い、アポクリン腺ではなくエクリン腺からの発汗のためにニオイの悩みというよりも単純に発汗量が多いこと、汗をかきたくないシチュエーションに限って発汗してしまう…といったことが悩みの中心です。

軽度の場合は制汗剤やジェルでのケアによって多少は抑えることが可能ですが、重度となると制汗剤やジェルそのものがわき汗によって簡単に流れ落ちてしまうために、汗わきパッド等でカバーするわけですが、その汗わきパッドさえも汗でビッショリになってしまう方も多いようです。  

精神性発汗による多汗の解消法とは

そもそも精神性発汗の原因は精神的な不安や緊張、ストレスといった心理的な要因です。

多くの場合、「わき汗が心配…」「今はわき汗をかいちゃダメ…」といった不安が交感神経を刺激して発汗させてしまうので、解消するには精神分析療法やロゴセラピー、ボトックス注射といった方法が主な選択肢となってきます。

ワキガ型多汗症の場合、最終的な治療法としてアポクリン腺の除去手術といった選択肢もありますが、精神性発汗による多汗症はエクリン腺からの発汗です。

全ての腋の下のエクリン腺を除去することは実質的に不可能です。

またエクリン腺を除去しきれない場合は代償性発汗として、残されたエクリン腺から大量に発汗されるリスクもあるので精神性発汗ではエクリン腺の除去はおすすめできないといわれています。  

わき汗に効果の高いボトックス注射

ボトックス注射このようなアポクリン腺の除去によって解消できない精神性発汗からのわき汗にはボトックス注射が非常に有効だといわれています。

ボトックス注射とはボツリヌス菌を無毒化したボツリヌス毒素Aという成分の注射で、体内で交感神経の抹消に影響を与えることで発汗を抑制する効果があります。

実際にわき汗の治療では頻繁に利用される注射で、注射の効果が持続する期間は3ヶ月~1年間と個人差がありますが、多くは劇的にわき汗がとまるようです。

もちろん麻酔処置してから注射されるために痛みも少く、除去手術と違い傷痕も残らないので女性の評判も良い治療法といえます。

料金はクリニックによっても、わき汗の状態によっても違ってきますのでハッキリとはいえませんが、両脇で5~10万円前後は覚悟しておくべきかもしれません。  

ボトックス注射をきっかけとして精神性発汗が軽減されることも…

このボトックス注射のメリットは実際にわき汗が減少することだけではありません。

一定期間、ボトックス注射によってわき汗が抑制されていることで、それまでのわき汗の心配やわき汗のチェックから解放されます。 また「わき汗をかいたらどうしよう…」といったわき汗の予期不安からも解放されます。

そのことで精神的に余裕がでるためか、ボトックス注射の効果が切れてもわき汗が再発しない場合も少なくありません。

そもそも精神性発汗によるわき汗は気持ちの問題も大きいために、こういったわき汗が止まっている自身が解消につながるわけですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする