足の裏の汗をとめる!足汗・足蹠多汗症を解消する

汗かき体質や多汗症の悩みの中でも深刻に悩んでいる方が多い部位のひとつが足の裏だといわれています。

足の裏は手のひらと同じく、体の中でも汗腺の密集した汗のかきやすい部位。また手のひらの発汗と大きく違って日常的に靴下や靴によって密閉されている部位だけに深刻化しやすい部位かもしれません。

今回は足の裏の汗の原因や解消法について詳しく説明しておきます。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

足蹠多汗症の仕組みと対処法

足の裏の発汗は一般に足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)と呼ばれ、エクリン腺からの温熱性発汗と精神性発汗の2つの発汗が中心だといえます。

とくに日中は靴下やストッキング、さらには革靴やパンプス、ブーツによって発汗された汗は蒸発できずに、いつまでも湿った蒸れた状態が続くので深刻化されるケースが多いようです。

温熱性発汗による足汗の仕組み

では温熱性発汗による足汗の仕組みについて簡単にお話しておきます。

そもそも靴下やストッキング、靴によって密閉されたことで温度が上がり、温熱性発汗によって足の皮膚の温度を下げるために発汗が促されます。

その時、本来は足の皮膚上の汗が蒸発することで、気化熱として体温を奪うことが目的なのですが、密閉された状態のために汗は蒸発できずに温度を下げることができません。

そのために発汗が足りないと発汗中枢が勘違いし、交感神経に伝達され汗腺はさらに発汗を続けてしまう状態といえます。こうなると靴やブーツの中の足の状態はさらに温度が上昇して蒸れるために蒸発できません。

まさに足汗の負のスパイラルといってもよいかもしれません。

温熱性発汗による足汗を解消する

このような温熱性発汗による大量の足汗を解消するもっともシンプルな方法は、足を蒸れない状態、通気性の良い状態にキープすることです。単純な方法ですがもっとも効果があるでしょう。

職場や仕事場で、どうしても必要なシチュエーション以外ではなるべく通気性の良いサンダルを利用してみてはどうでしょうか?

すでに職場に着いた時点で足汗がひどく、ニオイが心配な方はコマメに足を洗い、制汗剤を使用してみるのも効果的です。

また裸足にサンダルは抵抗がある方は五本指ソックスも足汗、足汗からくるニオイの防止に効果が高いといえます。

また靴や靴下そのものがニオイの原因というパターンもあります。靴下はしっかりと漂白剤を入れて洗濯し、靴は毎日同じ靴は避けて3~4足をローテーションで履くといった工夫も必要です。

精神性発汗による足汗の仕組み

また、足汗のニオイが気になる…といった方の場合、もしかしたら精神性発汗からの足汗を疑ってみた方がよいかもしれません。

というのも精神性発汗は温熱性発汗と違い、発汗の原因は体温調節ではなく心理的な要因のためです。過去に足のニオイが気になった経験が心理的な要因となって必要以上に発汗してしまうといったケースです。

これは予期不安とよばれる心理的な状態が原因となっているようです。

「また足汗をかいてしまったら…」「足汗をかいてニオイがでてらどうでしょうか?」といった起こってもいない出来事に対して過剰に不安を感じたために、交感神経が刺激されてじっさいに発汗してしまうというわけです。

この予期不安による足汗によって実際に足汗が起こるとさらに拍車はかかり、発汗のスパイラルに陥ってしまいます。つまり最初から足汗なんかかくわけないと開き直ってしまうことが解消につながるといわれています。

精神性発汗による足汗を解消する

そもそも起こってもいない足汗が不安で交感神経を刺激してしまう精神性発汗からの足汗は温熱性発汗と違い、体温調節機能も働かない発汗ですので、できることなら止めてしまいたいものです。

もちろん温熱性発汗からの足汗のように、万が一発汗した場合に備えて通気性の良いサンダルや五本指ソックスといったもので準備しておくことも肝心です。

というのも、まずは精神的な面で安心できます。「もし大量に足汗がでたところでサンダルだし吸収のよい靴下なので安心…」と感じることで予期不安が和らげることができます。

また根本的に解消するのであれば、精神分析療法といった治療法も効果的です。

これは過去の足汗の原因となったトラウマや出来事を探ることで、真っ正面から向き合い、取り除いていく方法です。

本人は覚えていないような出来事が原因で、現在の発汗が起こっているケースも少なくありません。医師やカウンセラーと一緒に原因を探り、少しずつ取り除いていくことで解消されるものです。

ロゴセラピーによる足蹠多汗症の治療

またロゴセラピーといった治療法も有名です。

ロゴセラピーとは精神的な問題を抱えた方の治療によくみられる方法で、相性が合えば非常に効果のある方法として活用されています。

例えば足汗の予期不安が原因で交感神経が刺激されてしまうといった足汗の負のスパイラルを断ち切るために、逆説志向という方法では「もっと足汗をかいてみよう」「どこまで足汗をいっぱいかくことができるか」といった、むしろ足汗を増やす方に気持ちを切り替えることで予期不安を減らします。

また反省志向という考えでは「あの時にこんなに足汗がでてしまったのは…」といった過剰に足汗の反省することや振り返ることを排除し、現在に集中させることで足汗から意識を引き離す方法です。

その他の足汗を解消する方法とは

そもそも足汗が気になる方の中には、全身の汗腺の機能が低下しているために足の裏の汗腺に発汗が集中している場合もあります。

その場合、全身の休眠状態のエクリン腺を能動汗腺とよばれる活動する汗腺にかえてあげる必要があります。つまり汗腺を鍛えて汗をかきやすい汗腺にしてあげること。

まずは新陳代謝を上げるために有酸素運動を中心とした毎日の運動がとても効果が高いといわれています。ゆっくりと行う有酸素運動は運動不足の方でも無理なく徐々に汗腺が活動を開始するはずです。

また継続した運動によって筋力がアップすれば基礎代謝も上がりより汗をかきやすい体質になるものです。

また汗腺を鍛えるには半身浴もおすすめします。全身浴では発汗はできますが皮膚上で気化熱を奪って体温を下げるトレーニングにはなりません。

大切なのは蒸発することで気化熱を奪い体温を下げること、そして体温を下げたことをしっかりと皮膚が感じることです。そのために上半身が露出した半身浴が良いといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする