汗の拭き方が多汗症・汗かき体質の原因かも?正しい汗の拭き取り方

ドラッグストア多汗症・汗かき体質の人にとっては外出時に手放せすことができないアイテムのひとつがハンカチ類や汗ふきタオル、そしてデオドラントシート関係ですね。

上半身の局所性多汗の方、とくに顔汗や首、ワキの下といった部位にどっと汗をかくタイプにとって、こういった汗を拭き取るタオルは忘れてしまったら大変なことになります。

しかし、こういったハンカチ類や汗ふきタオルで拭き取る行為自体が多汗症や汗かき体質の原因となっているケースもあるようです。

そこで正しい汗の拭き方や汗ふきタオルのニオイ問題について少しお話しておきます。  

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

汗を拭き取ることが発汗を促進している

多汗症や汗かき体質にお悩みのあなたは、普段、どのように発汗した汗を拭きとっていますか?

まず結論からいってしまうと、汗の拭き取り方にはいくつかのポイントがあります。

で、正しく汗を拭き取れていない場合、汗を拭き取る以上の発汗を促進しているケースがあるということです。 つまり汗をとめようと拭きとった結果、もっと汗をかきやすい状態にしてしまっているわけですね。

汗は役目を果たすためにどんどん発汗される

医師の説明では正しい汗の拭き取り方の前に、簡単に発汗の仕組みや発汗する理由について考えてみましょう。

全身のエクリン腺から発汗される汗にもいくつか種類があり、主に温熱性発汗や精神性発汗、味覚性発汗といったものに分けることができます。

緊張やストレスによって発汗する精神性発汗や唐辛子や香辛料の効いた食べ物によって発汗する味覚性発汗に悩んでいる方もいます。

しかし、いわゆる汗かき体質の方とよばれる方は温熱性発汗が原因の場合が多いといわれています。 この温熱性発汗とは簡単にいってしまえば体温調節のための発汗のこと。

体内の温度が上昇し過ぎないように発汗し、汗が皮膚の上で蒸発することによって体温を下げる働きがあるわけです。

なので裏を返せば、体温を下げるという目的が達成されないことには発汗もとまらないという側面も持っています。

皮膚上で汗が蒸発しない限り、発汗はとまらない

そこで問題となってくるのが汗の拭き取り方です。

まず温熱性発汗の一番の目的である皮膚上での蒸発→体温の低下といった目的を達成する前にハンカチ類や汗ふきタオルで拭きとってしまっては絶対にいけません。

というのも汗をふきとってしまうと、発汗をコントロールしている体温調節中枢が誤解してしまい「体温が下がらない→発汗量が足りない→さらに発汗」になるわけです。

ですから結論からいってしまえば、皮膚上の汗をしっかりと拭き取ることはさらに発汗量を増やしてしまう行為といえます。

つまりダラダラと流れる汗、大粒の汗は拭きとっても構いませんが、皮膚上に広がる汗をスッキリと拭きとってしまってはいけないわけですね。

よく職場や電車、エレベーターなどで頻繁に顔汗を拭きとっている方を見かけますが、そのような拭き取っても拭き取ってもとまらない発汗は、じつは汗の拭き取り方に問題があるケースが多いといわれています。

正しい汗の拭き取り方を具体的に解説

医師のアドバイスではここから正しい汗の拭き取り方について少しご紹介しておきます。

先ほど説明した通り、皮膚上で蒸発することで気化熱を皮膚から奪うことで体温を調節するのが発汗の目的です。そのためには完全に拭きとってしまわず、無駄に流れる汗の部分だけを軽く拭き取ることです。

もちろんしっかり拭き取りたい気持ちもわかりますが、皮膚上がしっとりと濡れていないと、さらに発汗の刺激が伝達され体温調節中枢や交感神経を経て、さらにエクリン腺から発汗が始まります。

あくまで表層の汗は残す感じで、吸い取るような感じで行いましょう。汗ふきタオルやハンカチ類については乾いているものでも濡らしたものでも構いません。

また、汗による皮膚への刺激、汗のニオイといった部分を考えた場合、少し濡らした汗ふきタオルで拭き取ることがおすすめです。

皮脂や角質、雑菌といったニオイの原因になる成分の多くは水溶性ということを考えても濡らしたタオルだと汗を拭き取る際に同時に除去できるはずです。

また汗の刺激に特別弱い方、汗疹になりやすい方はある程度しっかりと拭き取ることも必要ですが、その場合は表皮への刺激の少ないタオル、そしてゴシゴシ拭き取り過ぎると汗腺を傷めてしまいます、注意して拭き取りましょう。  

汗ふきタオルやハンカチ類もしっかりとケアする

多汗症や汗かき体質の方に必須の汗ふきタオルやハンカチ類ですが、汗の量が多い分、いくら洗濯してもなんだか臭ってくる…といったケースもあるかもしれません。

じつは汗ふきタオルやハンカチ類に染みこんだニオイの元の雑菌類は洗濯したくらいでは完全に除去できません。

天日干しでしっかり乾燥させても厳密にいえばハンカチや汗ふきタオルの中に潜んでいる状態なんです。 そういった雑菌は乾燥状態では活動しませんが、再び湿った状態になると再度活動を始めます、つまり汗を拭いて湿った状態になると活発になって臭うわけです。

ですから汗ふきタオルやハンカチ類、その他汗のニオイが付きやすい衣類は必ず洗濯では漂白剤を利用しておきましょう。

そもそも汗の成分は濃度は違えども尿に近い成分です。 その意味でもしっかりと毎日の洗濯で除菌しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする