顔の汗がすごい! 顔面多汗症の原因と解消方法

水分補給多汗症や汗かき体質で悩んでいる方の中には局所性多汗症とよばれる限定された部位の発汗に悩んでいる人も少くないようです。

有名な症状であれば手掌多汗症のような手のひら、足の裏といった部分にどっと汗をかいてしまう方ですね。

これには個人差もあり、ワキの下だけに異常な発汗がみられる方、全身にはほぼ汗をかいていないのに顔だけは滝のようにダラダラと発汗してしまう方といった具合です。

とくにエアコンの効いた仕事場で1日を過ごしている方にもこんな顔汗に悩んでいる方も多いといわれています。  

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

顔汗の原因と解消する方法

では顔汗の原因や解消法の前に少し顔汗について説明しておきます。そもそも顔には汗腺も多く、普通の人でも発汗の多い部位だということはご存知のとおりです。脇の下の多汗症にならび、悩まれる方の多いのが顔汗だといわれています。

しかし、体の他の部位に発汗がみられない状態で、顔だけはダラダラと汗が流れ落ちるといった極端な場合は顔面多汗症といった症状といえます。

広い意味では局所性多汗症のひとつといえますが、なんらかの理由によって体の他の部位の汗腺が機能していないケース。

もしくは精神性発汗とよばれる自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になったことで顔の汗腺だけに発汗が伝達されているのかもしれません。

どちらにしても、まず最初に行うべきことは顔汗の特徴を観察し、原因を究明することかもしれません。  

全身の汗腺の機能が低下している場合

治療顔面多汗症の原因も様々です。

重篤な病気が引き起こしている場合、自律神経のバランスが崩れているような精神性発汗の場合…といろいろですが、比較的多くの方は単純に全身の汗腺の機能が低下しているだけの軽度な場合が大半です。

この場合、わざわざクリニックで受診せずとも毎日の生活習慣を見直すことで全身の汗腺を活発化させ徐々に顔汗を減らすことは十分に可能です。

そもそも顔汗の原因は本来は全身の汗腺から発汗するはずの汗が、なんらかの理由で上手く汗腺が機能せずに、行き場のなくなった汗が体内の活発な能動汗腺である顔から発汗している、つまり代償性発汗という状態です。

こんな場合は代償性発汗が起きないように全身の汗腺が上手に発汗できるように働きかけて、汗をかきやすい体質に変えてあげましょう。

汗腺を鍛えるために適度な有酸素運動

機能が低下した汗腺を休眠状態から活発化させるために最もおすすめの方法は適度な有酸素運動です。

普段の生活では気温差といった外的な要因で発汗させられるケースはあっても、体のなかからの刺激で発汗することは少ないはずです。

ウォーキングやスロージョギングといった体に負担のかからない有酸素運動で構いません。スピードよりも距離や時間を長く続けることを意識して行うと効果的。  

半身浴で汗腺をトレーニングして活発に

入浴汗腺の機能を上げるトレーニングとしてぜひ実践しておきたいのが半身浴です。

同じ入浴でも全身浴の場合、体の大部分がお湯に浸かってしまいます。しかし汗腺のトレーニングで大切なのは発汗した汗が蒸発する際に体温を調節することといわれています。

せっかく大量の汗をかいてもお湯の中では体温調節機能は働きませんから、汗腺の機能を向上させることができません。 理想的な半身浴はみぞおち辺りから下の部分の半身を38℃ていどのぬるま湯に約20分以上浸かることです。

全身浴と違い心臓や他の部位にも負担がかからず、上半身から大量の発汗が期待できます。その時に皮膚の上で蒸発することで体温調節機能が向上し、汗腺が鍛えられるというわけです。  

筋力トレーニングで基礎代謝アップ

有酸素運動も汗腺トレーニングにとって肝心ですが、筋力トレーニングも効果が期待できます。

基礎代謝は1日の消費カロリーの大部分を占めるものです。その基礎代謝を左右するのが全身の筋肉の量といわれています。

ですので筋肉を増やすことで基礎代謝アップにつながり新陳代謝も活発になります。つまり汗のかきやすい体質になるわけです。  

女性の更年期の顔汗を解消するには

女性女性で更年期を迎える年齢の方だったら、顔汗の原因としてまず最初に女性ホルモンのバランスによるホットフラッシュを疑った方がよいかもしれません。

エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは更年期に入ることで急激に減少し、これまでとは違い男性ホルモン優位な状態になってきます。

そもそも男性ホルモンは発汗作用が強く、女性ホルモンは発汗を抑えるはたらきがあるといわれています。そのため急激に男性ホルモンの優位な状態に変わったことで発汗が激しくなったのかもしれません。

更年期ということで年齢的にも下半身の汗腺の機能が低下していることもあり、その代替性発汗としてホットフラッシュでは上半身の発汗が増加する傾向にあります。

その一環として顔面多汗症が現れている可能性も大きいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする