全身性多汗症と局所性多汗症

汗の成分によってもいい汗と悪い汗に分けることができますが、汗をかく部位によっても健康的な汗と何らかの病気が原因かもしれない汗に分けることができます。

また、これまで汗が少ないタイプの方が急激に汗っかきになった…、逆に汗っかきだった方が、急に汗をかかなくなった…。または体の特定の部位だけ異常に汗をかくようになった。

そんな場合はおそらくなんらかの体の異常が発汗作用を関係しています。必要であればクリニックでの受診が必要かもしれません。

過去に試した【汗対策グッズ】を比較してます!

  • 重度の汗っかきでズマホの操作が汗でイライラ!
  • 一年中、いつでもハンドタオルが手放せない!
  • 彼氏と思いっきり手をつなぎたいけど繋げない・・・!

と諦めてはいませんか?

手汗・足汗・わき汗と同じ汗でも原因や予防法は違ってきます。ぜひ自分に合った汗対策グッズをみつけてサラサラ生活、ゲットしちゃいましょう!

2017年版 汗対策グッズ徹底比較

全身性多汗症と局所性多汗症

まず多汗を発汗する部位から考えた場合、大きく全身性多汗症と局所性多汗症の2つに分けることができます。

読んで字のごとく全身性多汗症は全身にみられる多汗、局所性多汗症は体の限られた一部だけにみられれる多汗です。

どちらも症状がみられた場合、なんらかの病気が潜んでいるケースが多いといわれています。以下に代表的な多汗の病気を紹介してきます。

全身性多汗症とは

本来は全身の中でも汗腺の多い部分と汗腺の少ない部分があります。

つまり体温調節の必要があり、すぐさま体温を低下させる必要がある部位は汗腺が多く、その必要の少ない部位は比較的、汗腺が少ないといわれています。

例えば頭皮には多くの汗腺があり、非常に汗をかきやすい部位です。もちろん脳が活発に活動して温度が上昇してしまうことを防ぐために汗腺が沢山あるわけです。

しかし何の思い当たる理由もないのに、汗腺の多い部位も少ない部位も関係なく全身からの発汗量が多い場合は全身性多汗という症状かもしれません。

全身性多汗症の疑わしい病気

全身性多汗症の原因にはいくつかの病気が考えられます。

例えばバセドー病という甲状腺機能亢進症の場合、過剰に分泌された甲状腺ホルモンの影響で基礎代謝が異常に高まりその結果、必要以上に発汗され同時に動悸やイライラもみられます。

その他、副腎の腫瘍のひとつ褐色細胞腫でも全身性多汗症の症状がみられます。

この場合、バセドー病と違い、アドレナリンとよばれるホルモンが過剰に分泌され、新陳代謝が過剰に上がることで多汗状態となるようです。

この他にも結核や尿管結石、胆石、狭心症等でも全身性多汗症が、みられるケースが多いといわれています。

主に全身性多汗症の原因は代謝を上げる効果のあるホルモンが過剰に分泌されることで、代謝が上がり過ぎることが原因です。

局所性多汗症とは

全身性多汗症と違い、体の限られた一部だけに過剰に発汗がみられる症状で、多汗症の約90%はこちらの局所性多汗症といわれています。

とくに局所性多汗症でみられる部位は手足、腋の下、陰部が代表的といえます。もちろん体質や健康状態によって個人差もあり、体のどの部分でも局所性多汗症は起こるものです。

局所性多汗症の中でももっとも悩んでいる方が多い多汗のひとつが、手掌多汗症という手のひらの多汗症と足蹠多汗症という足の裏の多汗かもしれません。

普段から湿った程度の発汗が続いているだけでなく、精神的なストレスや不安といったメンタルな理由で発汗量が急増し、完全に濡れている状態、さらにはひどい方の場合手のひらから水滴が滴り落ちるほどの発汗がみられます。

足蹠多汗症の場合は靴下がビッショリ濡れてしまうのはもちろん、靴の内部まで湿った感じになる方もいるようです。

局所性多汗症の疑わしい病気

局所性多汗症の原因には精神的なストレス等が理由の精神性発汗や自律神経が理由の発汗もありますが、ここでは局所性多汗症に直接影響を与える病気についてお話しておきます。

女性に局所性多汗症がみられた場合、もっとも考えられる原因は更年期のホットフラッシュかもしれません。

ホットフラッシュとは女性の更年期にみられる「顔のほてりやのぼせ」に代表される上半身に局所的にみられる発汗異常です。

これは発汗をおさえる効果のある女性ホルモン、閉経前後から急激に減少するため、そして自律神経も乱れたことで過剰に発汗されるためです。

同じく上半身の発汗がどっと増えた場合は糖尿病の可能性も考えられます。

手足の末梢神経系のトラブルによって手足の発汗が抑えられてしまった結果、その発汗と補うために上半身を中心に過剰に発汗されます。

その他、病気が原因の局所性多汗症には手足の発汗が増える関節リウマチや顔の発汗が異常に増えるパーキンソン病といった病気が考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする